外で遊ぶことが大好きな人の為に日焼け止めに関する様々な情報をお届けするメディアです!

日焼け止めMAGAZINE

日焼け止め

ランニングするときも日焼け対策はしっかりと!おすすめ商品と対策法をご紹介

更新日:

健康のため、ダイエットのためにランニングをしている人は多いでしょう。

朝、昼、夜とランニングのタイミングは人それぞれでしょうが、夏はどの時間帯でも日焼け対策をしておくべきです。

ランニング時の日焼け対策は日常生活とは違う点もあるので、これからご紹介する「ランニング中の日焼け対策」を参考にして思わぬ日焼けを防ぎましょう。

ランニング中に使いたい日焼け対策アイテム

「日焼け対策なんて、日焼け止めを塗ればそれでOKでしょ?」と思うかもしれませんが、それだけでは紫外線を防ぎきれません。

まずは日焼け止め以外に持っておきたい日焼け対策アイテムをご紹介します。

帽子

紫外線から頭と髪を守るには、帽子を被るのが効果的です。

ランニングのときは頭を動かすので、麦わら帽子よりツバつきのスポーツキャップがおすすめ。

ツバが大きめのタイプなら、影ができるので顔に当たる日差しもカットできます。

サングラス

太陽を直接見なくても、地面に反射した光によって目は紫外線の影響を受けます。

目を日焼けから守るには、UVカット仕様のサングラスが必須。

サングラスがズレていると紫外線が入り込んでしまうため、ジャストフィットのズレにくいものを選びましょう。

ネックウォーマー

男性や髪をアップヘアにする女性は、紫外線から首を守るためにネックウォーマーを使いましょう。

ランニング中は汗をかきやすいので、通気性が良く汗を吸収しやすいタイプを選ぶのがポイントです。

アームウォーマー

半袖またはタンクトップでランニングをするなら、日焼け止めを塗った上からアームウォーマーをつきるとよいです。

日焼け止めとの相乗効果により、紫外線対策効果がより高まります。

日焼け止めは重要!ランニング用として選ぶときのポイント

歩いたり車を運転したりとあまり汗をかかない日常生活とは違い、ランニング中は流れ出るほど汗をかきます。

そのため、日焼け止めはランニングに適したものを別途用意したほうがよいです。

ではどんな商品を選べばよいのか、選ぶときのポイントとともにおすすめ商品をご紹介します。

汗・こすれに強いウォータープルーフタイプがマスト

ランニング中は汗をたくさんかきますし、腕を振るときに洋服と肌がこすれます。

走っている間中、日焼け止めの効果をキープさせるには、汗やこすれに強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを使いましょう。

おすすめは、「サンカット KOSE 日焼け止め パーフェクト UV ジェル SPF50+ PA++++ ウォータープルーフ 桜の香り」です。

UVカット効果が高く、ウォータープルーフ仕様。

さらに「桜の香り」つきなので、ランニング中の汗のニオイも気になりにくいでしょう。

UVカット効果は高めのものをチョイス

30分以上ランニングをするなら、紫外線を浴びる時間が長くなるので、UVカット効果は高めのものを選びましょう。

日焼け止めには「SPF」「PA」2種類の表記がありますが、SPFは数字が大きいほど、PAは「+」の数が多いほどUVカット効果は高くなっています。

ランニングのときに使うなら、SPF40以上、PA+++以上のものを選ぶとよいです。

おすすめ商品は「ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ ポンプ 140g」。

SPF50PA+++と適度なUVカット効果で、ジェルタイプなのでベタつきが少ないのが特徴。

取り出しやすいポンプなので、ランニング前にサッと塗れる手軽さがよいです。

髪にはスプレータイプの日焼け止めで対策

帽子から出ている部分の髪は紫外線の影響を受けるので、スプレータイプの日焼け止めで日焼け対策をしておきましょう。

強い紫外線を浴びると、髪のパサつきや傷みの原因になります。

おすすめの商品は「ANESSA(アネッサ) パーフェクトUV スキンケアスプレー a 日焼け止め シトラスソープの香り 60g」です。

スーパーウォータープルーフ仕様で汗に強く、石鹸でオフ可能なのでいつも通りのシャンプーでオフできます。

ランニング中の日焼け対策で注意したいこと

ランニング中の日焼け対策で注意したい点は、

  • 大量に汗をかいたら日焼け止めを塗り直す
  • 腕や足は露出していなくても日焼け止めを塗る
  • アームカバー、ネックウォーマー使用時は熱中症に注意する

です。

ウォータープルーフのものでも、汗で全く落ちないわけではありません。

Tシャツが絞れるほど大量に汗をかいたときは念のため日焼け止めを塗り直しましょう。

布だけで紫外線をブロックできるわけではないので、腕や足は露出していなくても日焼け止めを塗ってください。

アームカバー、ネックウォーマー使用時は体温がより上昇するので、こまめに水分補給するなど熱中症にも注意しなければなりません。

まとめ

ランニングのときは普段より長い時間紫外線を浴びるので、日焼け止め以外の対策グッズも利用する必要があります。

日焼け止めは汗に強くUVカット効果が高めのものを選び、たくさん汗をかいたら塗り直しも忘れないでください。

日焼け対策を万全にして、健康のため、ダイエットのためのランニングに励みましょう。

-日焼け止め
-

Copyright© 日焼け止めMAGAZINE , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.