外で遊ぶことが大好きな人の為に日焼け止めに関する様々な情報をお届けするメディアです!

日焼け止めMAGAZINE

日焼け止め

敏感肌でも日焼け止めを使いたい!

投稿日:

敏感肌と日焼け止め

敏感肌の方は、肌のバリア機能が低下していることが多く、外部からの刺激を多く受けてしまいます。日に焼けるということも、これと同様で、紫外線を浴びるとシミやソバカス、肌のたるみなどの原因となります。なるべく紫外線の影響を受けないためには、日常的に日焼け止めを利用することが大切となるでしょう。

現在、日焼け止めは、スプレータイプやジェルタイプをはじめ、以前からあるローションタイプや乳液タイプ、クリームタイプなど、多くの種類があります。それぞれの特徴を考えると、敏感肌の方には、ローションや乳液の日焼け止めが向いているといえます。これらは落としやすいので、簡単に洗うだけで肌がリセットされるからです。石鹸で落とすことができる日焼け止めは、肌に優しく敏感肌の人にとっては信頼がおけますね。もしも、水や汗に強い効果が高めの日焼け止めを使用しているとしたら、なかなか洗顔で落とすことができずに、洗い残しが生じたり、良く落とそうとして肌をゴシゴシこすってしまって、肌を傷めてしまったりします。敏感肌の場合には、肌をきれいに保つことも大切ですが、刺激を加えないようにすることも大切です。

このように、敏感肌の方は日焼け止めの種類やタイプを選んで使っていただくのが良いですね。必要な時にサッと塗り直しができる事やサッと落とすことができるものが適しています。肌荒れを防ぎながら、上手に日焼け止めを使用していきたいものですね。

紫外線を防ぐケア

アトピーの症状があると、化粧品や日焼け止めを使用するのを躊躇してしまいがちです。アトピーの症状があっても、紫外線から肌を守るために、日焼け止めを塗った方が良いともいわれています。日焼け止めには、センシティブ用のものも多く出ていますので、お肌の症状に合った日焼け止めを見つけていきたいものです。

そもそも日焼けによるダメージは、紫外線A波とB波の2種類により引き起こされます。それぞれに特徴があり、UVAといわれるA波は、日常生活の中でも日焼けを引き起こします。波長が長いので、曇っていて太陽が出ていない時や、家の中にいて直接太陽の光を浴びていなく、窓ガラス越しからでも紫外線のダメージを受けてしまいます。また、UVAといわれるB波により、引き起こされる日焼けは、真っ赤になってしまうようなダメージを受けます。プールや海でのレジャー時に真っ赤に日焼けをしてしまう経験は、多くの人が持っているのではないでしょうか。これは主にUVBによるものだといえます。

肌にアトピーの症状があっても、これらの紫外線から肌を守った方が良いと考えられています。日焼け止めを塗ることで、紫外線による肌トラブルを軽減することで、健やかな肌状態へと導かれます。

敏感肌用の日焼け止め

日焼け止めは、進化しています。日本で初めての日焼け止めは、今からおよそ100年前に登場しています。この時の日焼け止めは、主に太陽の光を反射させるもので、肌へ紫外線を吸収させない仕様のものでした。この時は、海水浴が浸透してきたころで、日焼けが気になる女性から支持を受けていました。その後も日焼け止めは進化を続けています。いまでは、紫外線B波もA波もブロックすることができる、SPF値が高い日焼け止めが主流となっています。TPOに合わせた商品を選択することが可能です。

それでは、敏感肌の方は、どのような日焼け止めを使った方が良いのでしょうか。SPF値の高い日焼け止めは、肌への刺激が大きいかもしれませんので、なるべくSPF値が低い物やノンケミカルと表示されているもの、または、敏感肌に適していると記載のある商品を使用すると良いです。日焼け止めの効果は、少し低くなるかもしれませんが、日焼け止めを塗ることで、紫外線の刺激から肌を守ることができます。敏感肌の方は、日焼け後に真っ赤になりやすいですし、数年後にシミに悩まされるようになるかもしれません。効果の優しい日焼け止めをお薦めしたうえで、帽子やアームカバーなどの着用することもお薦めです。こういったものを併用することで、効果の優しい日焼け止めでも満足できる使用感を味わうことができますね。

塗り方を工夫しよう

敏感肌の方は、肌に刺激が強いからと日焼け止めを使用するのを控えていることがあります。実際、敏感肌の方は日焼け止めを使用した方が良いのでしょうか。肌の弱い方は、紫外線の刺激を受けやすく、肌がすぐに赤くなってしまったり、肌トラブルが気になったりするものです。よって、直接紫外線が当たらないように配慮することが必要です。

紫外線を避けるために、帽子やUVパーカーを着用することも一つの手段だといえます。肌が赤くなるのは避けることができますね。もしも、日焼け止めによる対策をするなら、日焼け止めのSPF値に注意すると良いです。50以上の値が高い物は、刺激が強いですので、毎日、塗ることは避けた方が無難です。どうしても日焼けをしたくない時に使用するのがベストです。敏感肌用の化粧品シリーズで、日焼け止めを発売していることもあります。上手に選んで、最適なものを選んでいきたいものです。

日焼け止めを塗るときには、何度も塗り込むと肌へ刺激を与えてしまって、肌を傷める原因となります。こすることで、塗りムラになってしまいますので、優しくなでるようにすると良いでしょう。そして、日焼け止めを塗る頻度は、できれば2・3時間おきに小まめに塗っていただくと良いです。汗などで剥がれたら、上からそっと塗り直すことで、肌荒れを起こしにくく、使用することが可能です。

クレンジングも大切です

敏感肌では、肌のバリア機能というものが低下していることが多いです。このバリア機能は、外部からの刺激を受けやすく、日焼けによる炎症やたるみやシミなどの肌荒れを引き起こしやすいとされています。もしも、日焼け対策を行わず、無防備に紫外線に触れることになれば、ますます肌は乾燥してしまうことになり、余計な肌トラブルを感じることになりかねません。

敏感肌の方におすすめの日焼け止めは、SPFが低めのものです。SPFが高いものは、持続性があり、刺激的な日焼け止めだといわれています。このタイプの日焼け止めは、紫外線吸収剤が配合されているものが多いです。これは、肌への刺激が強めですし、もしも塗りムラがあれば、そこの部分から、日焼けムラが発生してしまいます。日焼け止めは、ムラにならないように、塗り込まずにサッと優しく塗ることが大切です。ローションや乳液タイプを選ぶことで、さらに伸びが良く、扱いやすいでしょう。

塗るときの肌摩擦を感じないものを選ぶことも大切です。テクスチャーの伸びの良いものは、それだけで使用感に満足できるでしょう。また、クレンジングも簡単ですので、お肌に優しい使用感を実感できますよ。日常的なお手入れを実践しているからこそ、気持ちも有意義になり、充実した生活が送れるのかもしれません。

おすすめのもの

日焼け止めの効果をなるべく上げたいのでしたら、使い方に注意が必要です。敏感肌の方も安心して日焼け止めを使用するコツがあります。敏感肌タイプでは、日焼け止めを塗ってしまったら、ヒリヒリとして痒いかもしれないという気持ちが働き、日焼け止めを使用しないこともあるかもしれません。日焼け止めは、敏感肌の方にこそ、使用していただきたいアイテムです。

まず大切なのは、どういった日焼け止めを選ぶかということです。敏感肌専用の化粧品から発売されているものなら、肌に優しい物を手に入れることができます。そして、SPFが高い日焼け止めに見られるように、紫外線散乱剤が入っていないノンケミカルタイプの日焼け止めが肌に優しいのでおすすめです。これらの日焼け止めをゴシゴシするなど、力を入れて塗り込むのはするのは避けた方が良く、優しく伸ばすことで、肌に負担が少なくなります。

このような肌に優しい日焼け止めを使うのすら、心配があるようでしたら、日焼け止めを塗る前に、ローションや乳液を塗って、肌への刺激を軽減することも可能です。下地として塗ったものが、肌のへの刺激を守ってくれますよ。敏感肌は、乾燥しやすく肌本来の防衛機能が低下しています。刺激の少ない方法で、上手に日焼け止めを使用していきたいものですね。

-日焼け止め
-, ,

Copyright© 日焼け止めMAGAZINE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.