外で遊ぶことが大好きな人の為に日焼け止めに関する様々な情報をお届けするメディアです!

日焼け止めMAGAZINE

日焼け止め

アトピーでも安心して使える日焼け止めってある?

投稿日:

アトピーと日焼け止め

アトピーの方の肌ケアは、毎日大変ですよね。放っておくと、赤みやかゆみが増してしまったり、洗顔しすぎると余計に肌荒れしてしまったり、色々と肌の悩みは尽きません。そもそも、アトピーの方は、日焼け止めを塗って、日焼け防止のケアをしても良いのでしょうか。

もしも、アトピーの方が、日焼け止めを塗らずにいると、紫外線に対して肌がむき出しになってしまって、余計に肌荒れが進んでしまうでしょう。もしも、肌に合う日焼け止めを使用できたら、外出の際に日焼け止めを塗っておいた方が良いといえます。日焼け止めには、大きく分けで2種類があり、海や山、外でのスポーツをするときに、紫外線を予防するためのSPF50以上の強力な効果が期待できる日焼け止め。または、街歩きなど散歩の時に、軽く使用できるノンケミカルの日焼け止め剤です。アトピーの方におすすめできるのは、後者の日焼け止めです。ノンケミカルは、肌に優しい日焼け止めですが、それでも肌荒れが心配な場合には、日焼け止めを塗る前に、普段お使いのローションや乳液を塗ってから、日焼け止めを塗ると良いでしょう。気になる部分をカバーしてくれますので、肌荒れを防いでくれますよ。

このように、アトピーの方に適している日焼け止めはあります。なにも塗らずに日光に当たり、赤くなってしまうよりも、きちんとケアをすることにより、紫外線からは肌を守ることが可能となります。薬局などには、アトピーの方や敏感肌の方に合う化粧品も用意されているので、相談されるといいのではないでしょうか。

UVAとUVB

敏感肌の方は、センシティブ用の化粧品などを使用しないと、すぐに赤くなってしまったり、かゆみが出てしまったりして、化粧品を塗っただけでも肌トラブルを引き起こしかねません。これは、日焼け止めを選ぶ際にも同様です。センシティブ用の日焼け止めを探して、上手に日焼け対策をしたいものですね。

そもそも、日焼け止めには、紫外線による肌への影響を守る働きがあります。紫外線はA波、B波、C波と3種類がありますが、私たちへ日焼けによる肌トラブルを引き起こす物は、A波とB波です。UVA、UVBといわれています。日焼け止めのパッケージにも記載されているので、お馴染みでしょう。UVAは、波長が長いために日常生活を送る上でも、じわじわと日焼けを引き起こします。ゆっくりと黒ずむような日焼けを起こすので、シワやたるみを引き起こす原因となります。UVBは、たくさん浴びてしまうと、真っ赤になり、ヒリヒリと炎症を起こしてしまいます。メラニンを作らせて、シミの原因となるのです。このように、私たちの肌に影響がある紫外線は2種類です。敏感肌の方のための日焼け止めも多く発売されていますので、日焼け止めを上手に活用して、これらの紫外線を防いでいく事が大切ですね。

アトピーと刺激

日焼け止めを塗って、紫外線からのお肌のトラブルを防ぎたいと思いませんか。日焼け止めは、紫外線をはね返す成分や肌に紫外線を吸収しないような成分を配合しています。そもそも100年ほど前に登場した日焼け止めは、当時から進化を続けて、現在では紫外線A波、B波を防ぐこと可能です。完全に日焼けしないというわけではありませんが、汗や水に強く、流れ落ちないタイプの日焼け止めが主流となっています。

ただ、アトピーの症状がある方には、これらの強い効果が期待できる日焼け止めは、おすすめではありません。アトピーの方は、紫外線に当たるとその部分が、赤く腫れあがってしまうことがあります。それを上手に防いでくれるのが、ノンケミカルと表示がある日焼け止めや赤外線散乱剤入りと表示のあるものです。痒くなりにくく、日焼けにより赤くなるのを防いでくれるのでおすすめです。アトピーの症状があると、余計なものを肌に塗らない方が良いのではないかと思いがちです。アトピーの方ほど、紫外線対策として優しい成分が配合された日焼け止めを塗ると良いでしょう。そのうえで、手袋や帽子、タオルなどを上手く利用して、直接日に当たる場所を少なくして、紫外線の刺激から肌を守りたいものですね。

安心して使用する

アトピーの症状がある場合には、肌にクリームなどを塗ることに対して、抵抗を感じる方も少なくありません。クリームを塗ったことで、痒くなったり、赤くなったりと、余計に肌荒れを起こしてしまう危険性があるからです。日焼け止めクリームを使用することも同様に、日焼けを防ぎたいけれど、塗ったことにより、肌荒れを起こさないか心配になりませんか。

アトピーや肌が弱い方に合った日焼け止めを選んで、適切な回数、適切な方法で塗ることができるなら、肌を傷めることなく、日焼け止めの効果を実感できる場合も多いのです。アトピーの症状がある方が、日焼け止めを塗らずにいると、日光が当たった部分が異常に赤くなり、かぶれたようになってしまうことがあります。これを防ぐためには、アトピー症状があっても、日焼け止めを塗った方が良いということです。ただし、効果が優しいものがおすすめです。

例えば、SPFが低いものやノンケミカルと表記のあるものなど、優しく穏やかな効果があるものが良いでしょう。肌へ塗る時も力強く塗り込むのは避けた方が良く、優しく伸ばすことで、滑らかな塗り込み面となり、ムラヤケも防ぐことができます。このように、優しい作用の日焼け止めを優しく塗ることで、アトピーの方も快適に日焼け止めを使っていただけるのです。

使い方に工夫

アトピー肌の方は、日焼け止めを塗った方が良いのか、それとも塗らない方が良いのか。日焼け止めを塗ることで、肌に負担をかけそうという印象もありますね。実際に、アトピー肌の方が日焼け止めを塗ったことにより、余計に肌を傷めてしまったということもあるでしょう。これは、多くの場合には、日焼け止めの選び方や使い方に原因があるかもしれません。

最初に、日焼け止めの選び方ですが、アトピー肌の方は、SPFが低い物を選ぶとよいでしょう。SPFの高い50ほどのものですと、効果に対して持続性があるために、どうしても刺激が高くなります。汗や水にも強いですので、簡単に洗い流すことも難しくなります。アトピー肌の方は、SPFが弱めの設定である15~25が最適でしょう。このSPFですと、普段のお出かけには、ちょうど良い使い心地を実感できる日焼け止めです。流しやすく、クレンジングしやすいのも特徴で、帰宅後に洗顔をすれば、肌を健やかな状態に保つことが可能です。

日焼け止めには、様々なタイプのものがあります。スプレータイプで、吹きかけるだけで紫外線対策ができるタイプやローションや乳液の様に、普段使いの化粧品と同じ様に使える事が魅力です。

塗布のススメ

アトピー性皮膚炎の症状がある場合には、日焼け止めを塗っても良いか、とても迷いますよね。肌に悪いのではないかと心配されている方も多いのではないでしょうか。そもそも、日焼け止めには、大きく分けて2種類のものが存在します。SPFが高めで50以上の指数があるものと、15~25ほどの低い指数であるものの2種類です。この2種類の用途は異なります。50以上のものは、日焼けがとても気になる海やプール、野外スポーツなどを行う時に最適な日焼け止めです。紫外線吸収剤が配合されていますので、肌への刺激が大きいです。水や汗でも流れにくいので、クレンジング剤などで落とさないと、洗顔が上手にできない状態となります。

アトピーの方は、このタイプの日焼け止めを使用すると、肌荒れを起こしてしまう危険性があります。サンブロックの効果が高い上に、クレンジングで落とさないと綺麗に落ちないという、アトピーの方には弱点といえるべきことがあります。また、様々な形状タイプで、発売されている日焼け止めですが、アトピーの方には、使いやすさを重視して、ローションや乳液タイプのものがおすすめです。SPF値が低い物を選ぶことで、肌への刺激が少ない良質な日焼け止めと出会うことができます。

-日焼け止め
-, ,

Copyright© 日焼け止めMAGAZINE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.