外で遊ぶことが大好きな人の為に日焼け止めに関する様々な情報をお届けするメディアです!

日焼け止めMAGAZINE

日焼け止め

肌荒れしない日焼け止めの使い方を知ってますか?

投稿日:

日焼け止めと肌荒れ

暑い時期になると、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をする人が多いです。顔だけでなく、腕や脚、首元なども日焼け止めを塗る方もいるでしょう。こまめに塗り直す方も多い中で、日焼け止めによる肌荒れが気になる場合もあります。もしも、使用している日焼け止めで、肌荒れが起きてしまった場合、どのようなことに気を付ければ改善することができるのでしょうか。

そもそもの問題は、お使いの日焼け止めが肌に合っているかどうかということです。ここで、注目するのは、SPF値です。50以上の表記がある場合には、高い日焼け止めの効果が期待できます。効果が高い分、肌への刺激が強いことが気になります。もしも肌荒れが気になる場合には、SPF値の低いものへ変更すると良いでしょう。日焼け止めを使用した際には、顔や体を良く洗い流すようにすると、肌荒れをふせぐことができます。

こういったSPFが低いものは、気軽に使える普段使いがおすすめです。紫外線は、5月~9月頃が一番多いのですが、実は、年間を通して降り注いでいます。日差しがさほど強くない時期にも下地感覚で塗っておけば、シミやソバカスを防ぐことができますね。このように、日焼け止めによる肌荒れが気になる場合には、普段使用しているローションや乳液を塗ってから、日焼け止めを塗ることも有効です。こまめに塗り直して、日焼けから肌を守る一方で、帰宅後にはすぐに洗い流して、肌を休ませてあげるといった配慮が必要ですね。

紫外線からダメージ

暑い時期になると、肌の日焼けが気になりませんか。太陽が照り付ける日には、買い物などのちょっとしたお出かけでも、うっすらと日焼けをしてしまう。肌へのダメージを感じてしまうものです。そこで、多くの方は、肌へ日焼けによるダメージを防ごうとして、日焼け止めを塗っています。

そもそも紫外線は3つあり、そもそも波長の長さにより、紫外線A波、B波、C波に分けられています。C波は、オゾン層で吸収されてしまいますので、地表にいる私たちには届くことはありません。よって、日焼けによるダメージは、A波・B波によるものとなります。それぞれに特徴があり、A波は、波長が長いため、曇りの日やガラスを窓などガラスも通します。私たちが浴びる紫外線の9割は、このA波によるものです。生活しながらじんわりと日焼けしていくために、生活紫外線ともいわれます。

一方、B波は短い波長で、日に焼けると真っ赤になって炎症が起こりやすくなります。夏のレジャーで、プールや海に行き、真っ赤になってヒリヒリと痛くなるのは、このB波によるものといえるでしょう。このように、種類の違う2つの紫外線を防いでいくためには、やはり、日焼け止めを塗って紫外線からの肌ダメージを防いでいく事が大切ですね。

日焼け止めの進化

日焼け止めを塗って、レジャーなどで外出するのは、当たり前のことかもしれません。何気なく、多くの人に使用されている日焼け止めには、100年ほどの長い歴史があるのです。最初日焼け止めは、海などのレジャーに行くときに、太陽からの刺激を軽減するために作られたのが始まりで、太陽の光線を反射させて、肌へ吸収させないことを目的にしていました。

現在の日焼け止めは、徐々に進化を遂げています。今から40年前には、UVBによる日焼けを防止するための日焼け止めが作られました。その数年後には、UVAへの関心も高まり日常生活を送る上での紫外線予防も効果的にできるようになりました。

日焼け止めを塗らないと、紫外線からの影響を受けて肌トラブルが引き起こされる可能性が大きいでしょう。現在の日焼け止めは、驚くほど多くの種類があります。SPFが高い、サンブロックを高く意識したもの。オーガニック素材で作られたもの。赤ちゃんでも使える刺激の弱いもの。無防備に日焼け止めを塗らずに外出することで、過剰な日焼けやシミなどの肌トラブルに悩まされることなく、ご自身に合った肌荒れしない日焼け止めを選んで、ていねいな紫外線対策をしていきたいものですね。

使い方について

お出かけの時に、日焼け止めを塗っている方も多いでしょう。その日焼け止めのSPFはいくつでしょうか。買い物や散歩程度のお出かけなら、SPFは15~25ほどのものがおすすめです。また、海やプールに泳ぎに行く場合に適した日焼け止めは、SPF50以上だといわれています。

これら2つは、使用用途により違いがあります。SPF50のものは、持続性があり、刺激も強いです。紫外線が強いプールなどで過ごす場合におすすめの日焼け止めです。効果が高い日焼け止めは、肌への負担がかかってしまいます。毎日、SPF50以上の日焼け止めを塗るのは、肌トラブルの元となりますが、どうしても日焼けをしたくない日に使用すると、大きな効果を発揮してくれるものとなります。

肌荒れを起こさないように、日焼け止めを使用するには、ちょっとしたコツがあります。まず、日焼け止めの選び方ですが、紫外線吸収剤であるケミカルが入っていないものを選ぶと良いです。肌への刺激が大きいので、肌荒れが気になる方は避けた方が無難でしょう。そして、日焼け止めを塗り込むとムラになってしまうので、塗り込みは避けて、優しくなでるようにのばして塗るのが良いですね。このように、日焼け止めを使用するときに、ちょっとしたコツを押さえておけば、肌荒れを気にせずに済むかもしれませんね。

使い方の工夫

敏感肌の方は、肌への刺激を考えて、日焼け止めを使うことに対して、悩んでしまっていることはないでしょうか。敏感肌でも、工夫次第で快適に日焼け止めをお使いいただけます。敏感肌の方は、肌本来のバリア機能が低下していることにより、外からの刺激を受けやすくなっています。日焼けによる炎症やシミやそばかす、高齢化によるたるみなどの肌荒れが起きやすくなっています。

日焼け止めの種類は、様々あります。スプレー・ジェル・ローション・乳液・クリーム・パウダー・スティックなど、多くの商品形態があります。この中で、敏感肌の方にとって、比較的に使い勝手が良い物は、ローションと乳液タイプの2タイプがおすすめです。日焼け止めの使い方さえ気を付ければ、敏感肌でも日焼け止めを使いこなせることができます。

敏感肌の方に最適なローションや乳液タイプの日焼け止めを軽いタッチで塗っていきます。ゴシゴシとこすらずに、サッと塗っていくと、塗りムラが発生せずに済みます。外出後には、ぬるま湯で洗った後、十分に泡立てたクレンジング剤などの洗顔フォームで洗ってしまえば、きれいさっぱりと洗顔することができますよ。乳液やローションタイプの日焼け止めは、敏感肌専用のものが多く出ているので、ご自身に合うものを注意して使われるといいですね。

日焼け止めへの注意

日焼け止めを使用するときには、肌荒れを起こさないように注意しておきたいことがあります。肌への刺激を作らないための配慮が必要です。日焼け止めを使用する時の肌トラブルとして挙げられるのは、日焼け止めの選び方や使い方です。

肌荒れを起こさないようにするために、日焼け止めの選び方には注意しましょう。日焼け止めは、SPFの値が高い方がサンブロックの効果が高いです。効果が高いので、日焼け止めの効果がより長く持続します。そして、刺激性も高いので、お肌が弱いと感じる方には、注意が必要です。このタイプの日焼け止めは、レジャー時におすすめのもので、水や汗に強く、なかなか流れ落ちることがないタイプのものです。毎日の普段使いに使用すると、この日焼け止めが原因となり、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。

毎日のお出かけに最適なのは、SPFが15~25くらいの値のものです。化粧下地としても簡単に使用できるので、便利に使用できると評判です。いずれにしても、日焼け止めを使用した後は、キレイに洗い流すことが大切です。落としムラがあると、そこから肌荒れの原因となってしまいますので、注意が必要ですね。さらに、外出が続く場合には、どちらのタイプも2~3時間に一度ほど、日焼け止めを塗り直しましょう。そうすることで、安定した効果を持続することができますよ。

-日焼け止め
-, , ,

Copyright© 日焼け止めMAGAZINE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.