外で遊ぶことが大好きな人の為に日焼け止めに関する様々な情報をお届けするメディアです!

日焼け止めMAGAZINE

日焼け対策

日焼け後はアフターケアが大事!すぐに行いたいアフターケア方法やおすすめ商品をご紹介!

更新日:

日焼け後のお肌は放っておくと赤みやヒリヒリとした痛みが出てしまう可能性があります。

さらに日焼け後にケアをしないと、シミやシワの原因になる場合もあるため、早めのアフターケアが大切です。

本記事では、日焼け後に行いたいアフターケア方法やおすすめ商品をご紹介します。

日焼け後の肌にはアフターケアが大切な理由

「赤みが出ている」「ヒリヒリ痛む」などの日焼けは、紫外線によって皮膚が炎症を起こしている状態です。

軽いやけどを起こしているので、アフターケアをせずに放置するとさらに症状を悪化させてしまう可能性があります。

そのため、早めのケアが重要です。

アフターケアをサボれば肌トラブルの原因にもなる

日焼け後のアフターケアを怠ると、シミやシワ、たるみなどの肌トラブルの原因となる可能性があります。

紫外線は肌にダメージを与えるとされており、長時間浴び続けると老化が進んでしまいます。

紫外線を全く浴びずに生活することは不可能ですので、いかにアフターケアをするかが需要なのです。

特に長時間の外出やレジャーなどで長時間紫外線を浴びた後は、肌のバリア機能を正常にするためにもケアを行いましょう。

日焼け後のおすすめアフターケア方法

日焼けをした後は、できるだけ早めにアフターケアを行うことが重要です。

肌が赤くなり、ほてりを感じる状態は肌のSOSですので、その状態になっていれば早めにケアを行いましょう。

ここでは日焼け後に行いたいおすすめアフターケア方法をご紹介します。

肌を冷やす

日焼けをして肌に赤みやひりつきを感じるなら、できるだけ早く肌を冷やしましょう。

やけどをした後に肌を冷やすのと同様に、日焼け後も肌を冷やすことで悪化を防げます。

日焼けに気づいたらその部分に保冷剤や氷を入れたビニール袋などを当てて冷やしましょう。

海水浴などのレジャーに出かけていて手元に何もない場合でも、冷たい飲み物を調達して冷やす工夫をします。

洗顔やスキンケアは最小限に

赤みやヒリヒリ感のある肌は、軽い炎症を起こしている状態です。

いつも行っている洗顔やスキンケアは最小限にしましょう。

洗顔を行う場合は短時間で素早く行います。

泡をしっかりと泡立てて、肌の上で転がすように洗うとダメージを少なくできます。

化粧水などのスキンケアは控えた方が良いですが、日焼け後にも使えるアフターケア商品でしたら使える場合がありますので表示をチェックしましょう。

ただし、肌に少しでも違和感があれば使用を中止しましょう。

肌が落ち着いてきたら保湿を行う

赤みやヒリヒリ感がなくなり、肌が落ち着いてきたらしっかりと保湿をしましょう。

紫外線ダメージを受けた肌は水分が失われており、うるおいを保ちにくくなった状態とされています。

まずは化粧水でたっぷりと水分を与えましょう。

その後、適度な油分で蓋をする意味で乳液などを使用します。

また、シワやシミなどが気になるなら美白系のスキンケアを行いましょう、

美容液やシートマスクなら手軽にケアができます。

日焼け後のアフターケアにおすすめの商品

日焼け後すぐは通常のスキンケアではなく、軽めのケアを行うのがおすすめです。

また日焼け後の肌に適したスキンケア商品も販売されているので、そちらを使うのも良いとされています。

ここでは日焼け後のアフターケアにおすすめのスキンケア商品をご紹介します。

「アベンヌ アベンヌ ウオーター 300g」

日焼け後の肌にシュッとひと吹き

南フランスにある、肌にいい水とされる「アベンヌ温泉水」を直接ボトリングした商品です。

スプレータイプの化粧水なので、日焼け後の肌にシュッとひと吹きするだけで簡単にケアできます。

大容量なので顔だけでなく全身にも使えます。

「ジェイディービーネットワーク モイスチャライジングジェル」

サンケアメーカーが販売したスキンケア商品

ジェルタイプのスキンケア商品は、さっぱりした使い心地でほてった肌をクールダウンしてくれます。

整肌成分とされるグリチルリチン酸2Kとアラントインを配合し、日焼け後の肌に優しく作られています。

「エリクシール ホワイト スリーピングクリアパック C 105g」

日焼け後の保湿におすすめ

夜のお手入れの最後に塗るだけの簡単美白ジェルです。

美白成分が寝ている間に肌を包み込み、みずみずしい肌に導いてくれます。

塗って寝るだけで日焼けによる乾燥などもケアしてくれます。

「シーブリーズ アンティセプティック 全身薬用ローション 230ml」

全身に使える

日焼け後の赤みのある肌をクールダウンさせてくれるボディローションです。

薬用成分が肌を引き締めてくれます。全身に使えて、日焼け後の肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

スポーツ後やシャワー後にさっと使えるのもうれしいポイントです。

まとめ

日焼けによる炎症を放置しておくと、赤みやヒリヒリ感だけでなく、シミやシワなどの肌トラブルにつながってしまいます。

「今日はたくさん紫外線を浴びてしまった」「肌がヒリヒリする」などを感じたら、しっかりアフターケアを行いましょう。

-日焼け対策
-

Copyright© 日焼け止めMAGAZINE , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.